読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れの日読書録

読んだ本の感想をのんびりと書いていく読書録です。

【ネタバレ有り】辻村深月『朝が来る』

朝が来る [ 辻村深月 ]

価格:1,620円
(2016/11/15 01:02時点)
感想(5件)

女性の自然でどろりとした感情をあぶり出す辻村マジックは今回は健在。

全てを失って逃げるヒロインのもとにもう一人のヒロインが駆けつけるという最後の展開は『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』を彷彿させます。

しかし母の面影を求めて慟哭するチエミと比較すると、ひかりの叫びにはぬくもりと希望が感じられます。それは、佐都子が見せた「頼りがいのある『お母さん』の顔」のおかげなのでしょう。

母娘の確執や母を軽蔑の対象とする娘だけでなく、母親の力強さや子どもを愛おしく想う気持ちが母親目線になっているところを見ると、辻村さんも「母」になったのだなぁと感慨深く(勝手に)思います。