読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れの日読書録

読んだ本の感想をのんびりと書いていく読書録です。

北山猛邦『私たちが星座を盗んだ理由』

私たちが星座を盗んだ理由 [ 北山猛邦 ]

価格:831円
(2016/11/15 00:49時点)
感想(0件)

現代日本が舞台の話とファンタジックな話が交互に収録されているためか、あまりダークさは感じませんでした。

一番好きな話は「嘘つき紳士」。途中の悲恋の流れがとても切なくて甘やかな痛みを感じさせられるものだっただけに、ラストは泣きました。

好きなキャラクターは「終の童話」のワイズポーシャ。一番残酷なのはこのお話だと思います。これは辛いなぁ…。

「妖精の学校」だけどうしてもオチがわからなくて検索しました。

 

残酷さにはいつも人の欲がつきまとうものである。