晴れの日読書録

読んだ本の感想をのんびりと書いていく読書録です。

冲方丁『光圀伝』

光圀伝 [ 冲方丁 ]

価格:2,052円
(2016/11/14 21:25時点)
感想(14件)

前作『天地明察』では師と呼ぶべき人々が印象に残りましたが、今回は夢を共に追い求めた朋友の存在に心を打たれました。

誰もが義を全うしようと生き、生き抜いていく。それでいて、後世に託す事を受け入れられる。あまりにも美しいその姿。どうしたらこのように生きる事ができるのでしょう。私も、一つ一つ焦らず積み重ねていけば、漠然とではなく芯を持って力強く美しくなる事ができるでしょうか。

泰姫、読耕斎、紋太夫。一人一人との別れがとても悲しく、けれど彼らの生涯を見る事ができて途方も無く胸に満ち満ちるものがあります。

人間を描いた、小説ながらの「歴史」の書です。