晴れの日読書録

読んだ本の感想をのんびりと書いていく読書録です。

桜庭一樹『GOSICK Ⅳ ―ゴシック・愚者を代弁せよ―』

GOSICK IV ─ゴシック・愚者を代弁せよ─(ビーンズ文庫)【電子書籍】[ 桜庭 一樹 ]

価格:670円
(2016/11/13 21:45時点)
感想(0件)

ゴシックの犯人って「おいおい!」という感じで同情できない人ばかりだったのですが、リヴァイアサンは凄く人間らしくて共感できました。

思い返すと儚く、切ない気持ちになる事件です。

すべては、夢幻。