晴れの日読書録

読んだ本の感想をのんびりと書いていく読書録です。

赤星香一郞『虫とりのうた』

虫とりのうた [ 赤星香一郎 ]

価格:950円
(2016/11/13 17:25時点)
感想(1件)

この終わり方はすっきりしない…!

描写が残酷で、読んでいてあまり気持ちのいい文章ではありませんでした。

謎を解く手掛かりがネットや本であっさり見つかってしまい、面白みがない。エピソードの積み重ねが足りない。その上、種明かしも釈然としない。

「作中で解明されない秘密がある」という以前に、作中で合理的に解明された謎は果たしてあったのか…。

最後はもう何がしたかったのやら。狂気というよりただの破綻だ。