晴れの日読書録

読んだ本の感想をのんびりと書いていく読書録です。

米澤穂信『インシテミル』

インシテミル [ 米澤穂信 ]

価格:766円
(2016/11/13 15:58時点)
感想(123件)

言ってしまえばバトロワ系。

でも無駄なグロ描写で不快になる事もなく、「ああ、そこが伏線だったのか!」のカタルシス有りで、しっかり推理もさせてくれました。

一気に10人くらい登場人物がぶわぁーっと出てきても、書き分けが上手いのか名前や特徴がすんなり頭に入りました。

恐怖というよりはミステリー部分で読ませてくれるけど、最初の事件の後の夜の描写には胃に汗かきましたよ…!

ノリが軽すぎず重すぎず。二次元のファンタジーだからこそ、楽しめる小説です。