晴れの日読書録

読んだ本の感想をのんびりと書いていく読書録です。

辻村深月『子どもたちは夜と遊ぶ』

子どもたちは夜と遊ぶ(上) [ 辻村深月 ]

価格:810円
(2016/11/13 14:40時点)
感想(9件)

子どもたちは夜と遊ぶ(下) [ 辻村深月 ]

価格:864円
(2016/11/13 14:40時点)
感想(7件)

上巻と下巻で、だいぶ印象の違うお話。

エピローグがとてつもないです。ラスト一ページで「うわぁぁぁわわ」となり、最後の一行で悲しみが滂沱のごとく。

わりとざくざく人が死ぬ上に死んでしまう人の背景もしっかり描写されるので、途中は読むのが少し辛かったです。

でも凄いオススメの本。

切なすぎて、上手く言葉にできないのです。

 

個人的なイメージソングはメロキュアさんの『Agape』。