晴れの日読書録

読んだ本の感想をのんびりと書いていく読書録です。

森絵都『カラフル』

カラフル [ 森絵都 ] 価格:550円(2016/11/15 21:48時点)感想(103件) 中学三年生のとき、ろくに本を読む習慣のなかった私が手に取った本。 あまりの面白さに笑い、泣きながら読んだあれはまさにめくるめく「読書体験」でした。 『カラフル』を真と同じ歳のと…

道尾秀介『透明カメレオン』

透明カメレオン [ 道尾秀介 ] 価格:1,836円(2016/11/15 21:42時点)感想(1件) わーい、コミカルな道尾さんだ!と楽しく読み進めていたら…最後の最後で滂沱の雨が降りました。本当に泣いた。 弱いのは良いことだという言葉に打ち震える。悲しい真実に、ただた…

道尾秀介『鬼の跫音』

鬼の跫音 [ 道尾秀介 ] 価格:555円(2016/11/15 21:40時点)感想(28件) うへぇぇぇ、えぐい……!!!黒々と蠢く道尾小説。 ハッピーエンドなどという生易しいものは一切なく、最後に明かされる真相にゾクリ。 米澤穂信『満願』と趣向は似てますが、こちらのほう…

【ネタバレ有り】道尾秀介『貘の檻』

貘の檻 [ 道尾秀介 ] 価格:1,944円(2016/11/15 21:35時点)感想(0件) ラストは悲しみの余韻が強いです。強く強く胸を刺して、頭をぽんぽんと撫でられて悲しさと温かさが混じり合って余計泣いてしまうような心地。 夢の描写がいまいちわからなくて、読み返して…

道尾秀介『鏡の花』

鏡の花 [ 道尾 秀介 ] 価格:691円(2016/11/15 21:34時点)感想(0件) あったかもしれない、なかったかもしれない世界。 『水の柩』では最後金色の光に満ちたように感じましたが、こちらは白色の光で照らし、きらめくイメージです。 道尾さんが書く文章は、なん…

三浦しをん『あの家に暮らす四人の女』

あの家に暮らす四人の女 [ 三浦しをん ] 価格:1,620円(2016/11/15 21:31時点)感想(1件) ひたすらにだらだらと、それこそ女たちのおしゃべりを聞いているかのような本作。 にも関わらず、随所に散りばめられたユーモアや「おいおい」とツッコみたくなるような…

三浦しをん『舟を編む』

舟を編む [ 三浦しをん ] 価格:669円(2016/11/15 21:28時点)感想(15件) こんなにもワクワクと読み進め、終わってしまうのが寂しかった小説は本当に久しぶりです。 素敵な小説は、言葉の集まりは、心の舵取りにまで深く入り込んでくるものなのです。 西岡の章…

【ネタバレ有り】まさきとしか『きわこのこと』

きわこのこと [ まさきとしか ] 価格:1,620円(2016/11/15 21:24時点)感想(0件) 凄い本を読んでしまった。 過去へと遡っていく形で少しずつ語られていく貴和子の姿。触れそうで触れられないその輪郭。そしていよいよ触れられるかと思った刹那、彼女は殺されて…

本多孝好『ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1』

ストレイヤーズ・クロニクル ACTー1【電子書籍】[ 本多孝好 ] 価格:562円(2016/11/15 21:10時点)感想(0件) ラストの<アゲハ>の集会がわっくわく!一気に次巻を手に取りたくなりました!! 最後に<アゲハ>の集団、そして昴たちの集団を対比させて描いて次…

東野圭吾『虚ろな十字架』

虚ろな十字架 [ 東野圭吾 ] 価格:1,620円(2016/11/15 20:43時点)感想(23件) てっきり別に真犯人がいるのかと思いきや、そこまで大きなどんでん返しは無く。 薬丸岳『Aではない君と』を読んだ直後だったので、ある程度の結論をつけたあちらのほうが印象は強い…

【微ネタバレ有り】薬丸岳『Aではない君と』

Aではない君と [ 薬丸岳 ] 価格:1,620円(2016/11/15 20:41時点)感想(1件) 最後までずどんと少年犯罪に向き合った小説です。 動物好きとしては被害者サイドに全然感情移入できなかったので、藤井父の慟哭がよく伝わってこなかったのが残念。 「心を殺すよりか…

東野圭吾『禁断の魔術』

禁断の魔術 [ 東野圭吾 ] 価格:680円(2016/11/15 20:38時点)感想(56件) 短編を長編に改稿したためか、ミステリーとしての構造は至ってシンプル。 屋上でのクライマックスのシーンが胸に熱く、読み応えがあります。普段は実写化をあまり是とはしないのですが…

東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

ナミヤ雑貨店の奇蹟 [ 東野圭吾 ] 価格:734円(2016/11/15 20:36時点)感想(74件) すこし不思議なほのぼのミステリー。 主人公三人組がそれぞれ個性的で、泥棒なのに憎めなくて良い味を出しています。 温かさの中にもかすかに悲しさや苦みが走る「夜更けにハー…

【ネタバレ有り】東野圭吾『祈りの幕が下りる時』

祈りの幕が下りる時 [ 東野圭吾 ] 価格:1,836円(2016/11/15 20:30時点)感想(77件) 加賀恭一郎・日本橋シリーズ最終作。日本橋署でのラストを飾るに相応しい作品でした。 かの『容疑者Xの献身』を思わせるような身の挺し方。ワタベの正体は一体誰なのか――トリ…

【微ネタバレ有り】東野圭吾『麒麟の翼』

麒麟の翼 [ 東野圭吾 ] 価格:756円(2016/11/15 20:25時点)感想(35件) 加賀シリーズ大好き!面白かったです-!! けれど、だいぶ悲しいお話…。友人より先に、息子本人に話を聞けばよかったんだ。 しかし『赤い指』からもう3年経つのか…。 映画版の冬樹のキャ…

東野圭吾『真夏の方程式』

真夏の方程式 [ 東野圭吾 ] 価格:1,748円(2016/11/15 20:23時点)感想(99件) 安定の東野ミステリー。 『レイクサイド』を読んで以来、子どもが出てくると嫌な予感しかしないです…。 恭平くんには湯川がいてくれて、本当によかったなぁ。

はやみねかおる『モナミは世界を終わらせる?』

モナミは世界を終わらせる? [ はやみねかおる ] 価格:1,512円(2016/11/15 20:20時点)感想(1件) 「ちょっとイイ男に守られる女子高生の話」なのに、色気がひとかけらもない!!!(笑) ミステリー部分が面白かったです。伏線がしっかりと生きていて良い感じ。…

【ネタバレ有り】野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる~Long Long Engage』

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる [ 野村美月 ] 価格:1,296円(2016/11/15 19:48時点)感想(0件) この感じだと、文庫版はあと4~5冊程度出る予定だったのでしょうか。 まゆにゃん先輩や雫のお話、もっと詳しく読んでみたかったです。 綾音さんが亡く…

野村美月『下読み男子と投稿女子~優しい空が見た、内気な海の話。』

下読み男子と投稿女子 [ 野村美月 ] 価格:658円(2016/11/15 19:46時点)感想(0件) 朔おじさんと同じく、私もどんな小説でも楽しく読みこなしてしまう青くんが羨ましいです! ヒロインちゃんはちょっとおどおどしすぎていて、臆病になってしまう理由はわかるん…

額賀澪『屋上のウインドノーツ』

屋上のウインドノーツ [ 額賀澪 ] 価格:1,296円(2016/11/15 18:39時点)感想(1件) 志音ちゃんも大志もこんなんされたら惚れちゃうよなぁ…と思いながら読みました。すごく勝手にだけれど、この二人のラブストーリーが読みたい! ぐんぐん成長していく志音ちゃ…

梨木香歩『西の魔女が死んだ』

西の魔女が死んだ [ 梨木香歩 ] 価格:496円(2016/11/15 18:30時点)感想(279件) 本にはやはり読むのに適したタイミングというものがあって、これは中学生のうちに読んでおきたかったです。 全編に香る、青くさい自然の匂い。淡々と、大切なものが積み重なって…

中山七里『闘う君の唄を』

闘う君の唄を [ 中山七里 ] 価格:1,620円(2016/11/15 18:25時点)感想(0件) 非常に興味深いテーマ。 ミステリー要素が絡んでくるのは予想外でしたが、加害者家族の苦しみも胸に迫ってくるところがありました。 クレームへの対応や子どもへの指導法など、「こ…

豊島ミホ『日傘のお兄さん』

日傘のお兄さん【電子書籍】[ 豊島ミホ ] 価格:475円(2016/11/15 18:22時点)感想(0件) 残念ながら、このお話はあまり好きにはなれませんでした。 みんな感情を抑えなさすぎて、もう少しどうしようもなさが欲しいです。 「あわになる」がしみじみとする。「す…

豊島ミホ『カウントダウンノベルズ』

カウントダウンノベルズ [ 豊島ミホ ] 価格:1,404円(2016/11/15 18:14時点)感想(0件) 音楽を文章で表現するのはとても難しい事だと思いますが、それが見事に描かれています。 観客の描写がとても良く、照明が落ちてライブが始まる前の緊張感や曲が終わった後…

豊島ミホ『東京・地震・たんぽぽ』

東京・地震・たんぽぽ [ 豊島ミホ ] 価格:514円(2016/11/15 18:12時点)感想(2件) 語り手は、悪人にも善人にもなりきれない、当たり前にどこにでもいる普通の人々。 人の死を悼むような激情はほとんどなく、非日常がさらりと描かれています。 彼らのもっと、…

辻村深月『きのうの影踏み』

きのうの影踏み [ 辻村深月 ] 価格:1,620円(2016/11/15 17:56時点)感想(1件) エッセイ調のほんのり不気味なお話が多い印象。 ミステリーのようにすっきり納得できる形で伏線が回収される話は少ないものの、後味の悪さはそこまで強くは感じませんでした。 む…

【ネタバレ有り】辻村深月『朝が来る』

朝が来る [ 辻村深月 ] 価格:1,620円(2016/11/15 01:02時点)感想(5件) 女性の自然でどろりとした感情をあぶり出す辻村マジックは今回は健在。 全てを失って逃げるヒロインのもとにもう一人のヒロインが駆けつけるという最後の展開は『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ…

谷川俊太郎『こころ』

こころ [ 谷川俊太郎 ] 価格:1,296円(2016/11/15 00:59時点)感想(2件) 初めての詩集に挑戦。 詩ってなんとなく風景画のイメージかと思っていたら、「うざったい」なんて凄くポップでキュートですよね。 パッと印象に残ったのは、「捨てたい」。 詩というのは…

田中ロミオ『人類は衰退しました(4)』

人類は衰退しました(4) [ 田中ロミオ ] 価格:616円(2016/11/15 00:58時点)感想(0件) 前半は絵面的にも精神的にもだいぶエグいお話。 後半は社会的な警告や教訓が含まれている、のかしら?

田中ロミオ『人類は衰退しました(3)』

人類は衰退しました(3) [ 田中ロミオ ] 価格:648円(2016/11/15 00:57時点)感想(2件) 難解な語句や苦手な地理に苦労したけれど、なんとか読了! わたしちゃんと助手さんのコンビは姉弟のようで良いなぁ。 じわりじわりと減っていく物資や枯渇していく様子の…

田中ロミオ『人類は衰退しました(2)』

人類は衰退しました(2) [ 田中ロミオ ] 価格:648円(2016/11/15 00:55時点)感想(2件) 今回の後半はなかなか奇怪な気分になるタイムパラドックス(ドッグス?)もの。 再読はしてないのですが、なんとなく、なんとなーく理解です。 前半はわたしちゃんの知能が…

田中ロミオ『人類は衰退しました(1)』

人類は衰退しました(1) [ 田中ロミオ ] 価格:616円(2016/11/15 00:54時点)感想(2件) とっても不思議な妖精さんと、ちょっぴりひねくれた「わたし」のおとぎ話。 どえむのちくわさんが好きです。

桜庭一樹『GOSICKⅦ ―ゴシック・薔薇色の人生―』

GOSICK VII ──ゴシック・薔薇色の人生──【電子書籍】[ 桜庭 一樹 ] 価格:626円(2016/11/15 00:52時点)感想(0件) ヴィクトリカと一弥の絆はどんどん愛おしいものになっていくなぁ。 最後に明かされたココ=ローズの真相には戦慄しました。

北山猛邦『私たちが星座を盗んだ理由』

私たちが星座を盗んだ理由 [ 北山猛邦 ] 価格:831円(2016/11/15 00:49時点)感想(0件) 現代日本が舞台の話とファンタジックな話が交互に収録されているためか、あまりダークさは感じませんでした。 一番好きな話は「嘘つき紳士」。途中の悲恋の流れがとても切…

恩田陸『訪問者』

訪問者 [ 恩田陸 ] 価格:1,728円(2016/11/15 00:46時点)感想(3件) 相変わらず語り口が巧い巧い。密室劇なのに退屈させない手腕は見事の一言です。 ただそのぶん、ラストはわりと呆気なかったかも。 紹介文には「ミステリー」と書かれているけれど、恩田さん…

【微ネタバレ有り】恩田陸『消滅』

消滅 [ 恩田陸 ] 価格:1,944円(2016/11/15 00:42時点)感想(1件) 久々にがっつりと読んだ恩田陸さん!いやぁ面白かったな~。 登場人物ごちゃごちゃになっちゃわないか心配だったけれど、しっかり読み分けられました! キャスリンがめちゃめちゃ好きです。「…

奥田英朗『沈黙の町で』

沈黙の町で [ 奥田英朗 ] 価格:907円(2016/11/15 00:41時点)感想(0件) こんな分厚い本を読んだのは久しぶり! みんなが自分の事ばかりを考えていて(一部そうでない人もいるけれど)、つのる不穏な空気。長編だけどぐいぐいと読めました。 ラストは引っ張った…

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

アイネクライネナハトムジーク [ 伊坂幸太郎 ] 価格:1,512円(2016/11/15 00:38時点)感想(7件) 「サプラーイズ!」 音楽とボクシングに彩られた連作短編集。 どのお話にも伊坂さんの企みが込められていて、それが最後の「ナハトムジーク」へと繋がっていきま…

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』

火星に住むつもりかい? [ 伊坂幸太郎 ] 価格:1,728円(2016/11/15 00:36時点)感想(3件) とっても伊坂さんらしい正義小説! 伊坂さんの作品はメッセージ性があるように見えて実はそうでもなく、「伊坂幸太郎」の書きたいものがただひた走っている感じがします…

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』

フィッシュストーリー [ 伊坂幸太郎 ] 価格:594円(2016/11/15 00:35時点)感想(99件) なかなかどうして初々しい伊坂さんの短編集。 どことなく滑稽で、でも胸がつまって祈りたくなる「ポテチ」が好きです。

伊坂幸太郎『PK』

PK [ 伊坂幸太郎 ] 価格:572円(2016/11/15 00:33時点)感想(16件) ちょっとずつずれているパラレルワールド。最後の「密使」は前の二編をぺらぺらと捲り返しながら読みました。 メールでの事件の予言や握手すると時間を盗める能力など、相変わらず設定がとて…

伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』

首折り男のための協奏曲 [ 伊坂幸太郎 ] 価格:1,620円(2016/11/15 00:30時点)感想(6件) 最初に想像していた内容とは少し違っていたけれど、どれも様々な仕掛けた施されていて面白かったです! 「人間らしく」はああもう、凄く気弱な人が考える物語だなぁと思…

【ネタバレ有り】伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』

夜の国のクーパー [ 伊坂幸太郎 ] 価格:842円(2016/11/15 00:25時点)感想(9件) これぞ大人の童話世界。 どうなることかとハラハラしながら読み進めたけれど、凄く素敵な結末でした! 数ページに一回は毛繕いをする猫たちが可愛すぎる、中でもトム君は格別に…

有栖川有栖『怪しい店』

怪しい店 [ 有栖川有栖 ] 価格:1,728円(2016/11/15 00:23時点)感想(1件) 「店」をテーマにした短編集。 犯人側からの視点で描かれた「ショーウィンドウを砕く」が好きです。 「古物の魔」もなかなか良いミステリィしてました! 「潮騒理髪店」はトンデモ推理…

彩瀬まる『桜の下で待っている』

桜の下で待っている [ 彩瀬まる ] 価格:1,512円(2016/11/15 00:21時点)感想(0件) これは、文学。 「モッコウバラのワンピース」のおばあちゃんがベリーベリーキュートでした。 宮沢賢治を大学でかじった事もあって、印象に残ったのは「ハクモクレンが砕ける…

彩瀬まる『やがて海へと届く』

やがて海へと届く [ 彩瀬まる ] 価格:1,620円(2016/11/15 00:19時点)感想(0件) 失ったもの、失ったであろうものに見切りをつけるときに伴う痛み。 たとえそれが自己満足であったとしても…というのはとてもよくわかります。 さらさらと掴んではこぼれ掴んでは…

芦沢央『罪の余白』

罪の余白 [ 芦沢央 ] 価格:648円(2016/11/15 00:16時点)感想(1件) 娘の死の真相を探るミステリーかと思いきや、転落に到る経緯は早々に明かされる。 そこにある悪意は酷いものだけれど登場人物はそこまで苛烈ではなく「どこにでもいそう」で、現実に在りそう…

朝井リョウ『武道館』

武道館 [ 朝井リョウ ] 価格:1,404円(2016/11/15 00:15時点)感想(2件) 登場人物の発する声が、凄く形になって表現されています。 ほんとうのこと、ほんとうのもの、少しずつ見つけていきたい気持ちになりました。 愛子はわりに淡々としている印象だけれど、…

野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(3)』

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(3) [ 野村美月 ] 価格:648円(2016/11/14 23:40時点)感想(0件) うぅぅ、私はどうもいまだに綾音と詩也の関係に入り込めないのですが。。。 今回は新キャラ続々登場でしたね!偲さんかっこいいよぅ、イケメンすぎる…

【微ネタバレ有り】柚木麻子『ねじまき片想い ~おもちゃプランナー・宝子の冒険~』

ねじまき片想い [ 柚木麻子 ] 価格:1,404円(2016/11/14 23:38時点)感想(0件) ラブコメ連作集…かと思いきや、ミステリー!!?日常の謎だけでなく、結構シリアスな話も入っています。 自分のねじを巻いてあげられるのは、自分だけなのよ! 目黒さんが非常に格…